キッチンツールを吊るす

とある雑誌を見ていて「キッチンはコックピット」という表現を見たとき、ビビッときたのです。私の目指すキッチンを表すならまさにそれだ、と。
パイロットが、座ったままあらゆるスイッチに手を伸ばしているあのイメージ。キッチンに当てはめれば、よく使うモノにその場からワンアクションで届くような、最小限の時間と労力で炊事のできる空間ということになります。
その実現に大きく貢献するのが、よく使うツールを吊るしておくこと。フライパンをコンロ横に吊るしたり、ざるをシンクの前に吊るしたり。必要な場所で必要なときに手を伸ばせば何に干渉することなく取れるようにしています。
これが本当に快適!一週間に一度以上の頻度で使っているモノだけに限定すれば、ほこりも油汚れもたまる心配はありません。
「手拭き」の場合、吊り下げ棚に手拭き周のリネンを吊るしてみたり、ざるであれば吊るしておくとよく乾きます。シンク下の扉に布バッグを二つ吊るしておけば、片方にふきんの替え、もう片方をレジ袋入れにすることも可能です。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です